FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2010.03.14

「没後400年 特別展『長谷川等伯』」展

東京・上野の国立博物館で開催されている
「没後400年 特別展『長谷川等伯』」展に行ってきました。
長谷川等伯、知らない人がほとんどだと思います。でもかなりのビックネームです。
等伯は安土桃山時代の絵師で、石川県に生まれ30歳を過ぎて京都にやってきました。
その後、狩野派とタメを張るような存在になり、秀吉からも障壁画の依頼を受けるようになります。
そんな等伯の作品が、今回70数点が展示されます。
その内国宝が3点、重要文化財27点もあります。

下は、今回はじめて見る京都の智積院が所蔵する「楓図壁貼付」(国宝)
art100314_01.jpg
事前に混んでいるとの情報は知っていたのですが、着いて改めてびっくり
人、ひと、ヒト、入館待ちの長蛇の列です。待ち時間60分!!!
11時に着いて館内に入ったのはちょうど一時間後、正確な待ち時間情報でした。
art100314_03.jpg art100314_04.jpg
入館待ちの列に並んでいると博物館の建物の間に建設中のスカイツイリーが!
ちょっと得した気分になりました。
国立博物館が所蔵する「松林図屏風」(国宝)
こちらは、ここにあるので他の催しでも見ることが出来ます。
art100314_02.jpg

最近、日本美術人気で美術展に多くの人が訪れ、かなり盛況な状態です。
ただ見るには人が少ない方がやっぱりイイ。
今回もあまりに人が多くほとんど見れない状態でした。(T_T)


上野公園には早咲きの桜が満開でした。
メインのソメイヨシノもつぼみが大きく膨らみ、咲きはじめるのもあと数日という感じでした。
art100314_06.jpg

昼食は、上野から少し離れた所にある文京区本郷のFIRE HOUSEでハンバーガーを食べました。
個人的にはゴールデンブランの方が肉の旨味があって美味しいかなと思いました。
art100314_05.jpg




スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する