FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2010.11.03

横浜市 市長公舎一般公開

11月3日、横浜をプロモーションするイベント『INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010』の一環として横浜市の市長公舎が初めて一般公開されたので見に行ってきました。
arch101103_01.jpg

『横浜市長公舎は、昭和2年5月、洋館と日本家屋からなる「市長住居用市有家屋」として建設されました。設計は横浜市建築課の手によるものですが、洋館の外観は、水平を強調する突出した庇、構成に変化を与える壁面の出入りや、スクラッチタイルなどを取り入れたテクスチャーが、当時旧帝国ホテルの建築で一世を風靡したフランク・ロイド・ライトが日本での建築に取り入れていたスタイルにならっているといわれています。
 日本家屋部分は、建築後60年を経過し、老朽化が著しく使用に耐えない状況となったため、昭和63年に集会機能の拡充を図るため、集会室(ホール)に建て替えられました。
 また洋館部分の構造は、特徴的な鉄筋コンクリートブロック造で、平成10年に耐震補強が施されています。』(当日の資料より)

建物左が昭和2年の洋館、右が昭和63年に建設されたホール
arch101103_02.jpg

arch101103_03.jpg arch101103_04.jpg

arch101103_05.jpg

arch101103_06.jpg

arch101103_07.jpg

arch101103_08.jpg

arch101103_09.jpg

玄関正面の壁には、『日本のステンドクラスを芸術の域に昇華させた先駆者といわれる、
主に大正時代に活躍した小川三知(おがわさんち)氏作成』のステンドクラスがあります。
arch101103_10.jpg





スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する