FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2012.02.26

ノスタルジック2デイズ2012 その2

パシフィコ横浜で開催されたノスタルジック2デイズ のレポートその2です。
その2では日産車を特集してご紹介します。
この手のイベントのメインはやっぱりこのメーカーですよね。
ただし見るべきモノが多かった訳ではないです。

ケンメリ
L型エンジンにOS技研のツインカムヘッドが組み込まれています。
event_120225_01.jpg

これがOS技研のツインカムヘッド
シリンダブロックはL28を使用
通常L型エンジンはカウンターフロー(キャブとエキマニが同じ方向)ですが
これはクロスフロー(キャブとエキマニが向き合っている)になってます。
event_120225_02.jpg

日産ワークスのヘッド(通称サファリヘッド)を搭載したL型エンジン
240Zのラリーカーに搭載されていたようです。
これをみるとキャブとエキマニが同じ方向にあって
カウンターフローであることが良く分かります。
event_120225_03.jpg

プリンス スカイライン スポーツ
『日本のメーカーが外国にデザインを依頼し、市販された最初のモデル。
1960年トリノショーで公開された後、1962年4月に発売された。
エンジンはグロリア用の1900ccを搭載、ボディはほとんどハンドメイドだった。
クーペとコンバーチブルがあり、生産台数は合わせて60台。』
event_120225_04.jpg


スカイライン
event_120225_05.jpg


スカイライン
event_120225_06.jpg

ケンメリ
トップのヤツの同じような感じですが、
こちらはホーイルメーカーのレイズからの出品
event_120225_08.jpg


スカイライン・スーパーシルエット
event_120225_09.jpg

ブルーバード・スーパーシルエット
これははじめて見ました。
event_120225_10.jpg



event_120225_11.jpg


411ブルーバード
event_120225_12.jpg


510ブルーバード
event_120225_13.jpg


フェアレディZ
event_120225_14.jpg


フェアレディZ
event_120225_15.jpg

フェアレディZ
エンジンをRB型に載せ替えてあります。
event_120225_16.jpg

フェアレディZ432
GT-Rと同じエンジンを積んでるタイプ
event_120225_17.jpg


フェアレディZ
event_120225_18.jpg

240RS
今年のニューイヤーミーティングでも別の個体があったけど
グループBのホモロゲ用で、生産台数は200台、海外専用モデルです。
event_120225_19.jpg

チェリー
日産初のFF
event_120225_20.jpg




スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する