FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2013.08.15

宮ヶ瀬ダム観光放流

神奈川県の水瓶・宮ヶ瀬ダムの観光放流を見てきました。
『宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から約40kmという近さの場所にある
首都圏最大のダムです。
平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、中津川に完成しました。』

宮ヶ瀬ダムの観光放流は、決められた放流日の11時、14時から6分間のみ行なわれています。
詳しくは宮ヶ瀬ダムのホームページで確認して下さい。
img130814_01.jpg
壁づたいに水が流れているだけですが、間近で見るととても迫力があり
水しぶきも飛んできて放流の間は涼しいです。


あいかわ公園
ダムの川下にある県立あいかわ公園に車を停め、歩いてダムまで向かいました。
暑いですが大自然の中なので風が涼しく感じられます。
img130814_02.jpg img130814_03.jpg
公園内の高低差を行き来するための巨大なエレベータ(写真右)
無駄にお金を掛けた施設のように思われました

小さな石小屋ダム
img130814_04.jpg img130814_05.jpg
大沢の滝(写真右)
かなり小さな滝です。

巨大なダムが見えてきます。
img130814_06.jpg



img130814_07.jpg

下の方の赤い乗り物は、あいかわ公園とダムを行き来しているロードトレイン
大人200円、距離を考えるとちょっと高い気がします。
行きは歩いて、帰りはコレに乗りました。
img130814_08.jpg
早めに着いたので人もまばらですが、この後続々と人がやって来ました。

ダムの放流
放流30分くらい前から場所取りが始まっていました。
私たちは近くの木陰でのんびりしていて、5分前くらいに皆さんの後ろに並びました。
img130814_09.jpg



img130814_10.jpg

宮ヶ瀬ダムの構造は、重力式コンクリートダムというものに属します。
重力式コンクリートダムとは、ダムの本体のコンクリートの重さで水をせき止める方式のダムのこと。
重い物でフタをする的な感じです。
img130814_11.jpg
宮ヶ瀬ダムの大きさ
 堤の高さ 156m
 堤の長さ 約400m
 総貯水容量 193,000,000m3

放流の後は、ダムの内部にあるエレベータでダムの上に向かいました。
ダムの上自体は、広い道路といった感じで見て面白ものではないですが
そこからの眺めはとても良いです。
img130814_12.jpg


ダムの下流側を見下ろした 俯瞰風景
img130814_13.jpg

ダム湖側の風景
夏なので視界がクリアでは無いです。
img130814_14.jpg

ダムのワキにあるケーブルカー的な乗り物・インクライン
帰りはコレに乗ってダムの下まで下りました。
img130814_15.jpg img130814_16.jpg
近くにある服部牧場(写真右)
ちょっと高原的な風景が広がっています。
ここに来た目的はアイスです。
味の方はというと、私の住んでいる所にある3軒のジェラート屋の次という感じでした。
人それぞれ好みがあるということです。

ふれあい牧場もやっていて子羊などにさわることができます。
しかし、シマウマは場違いのような感じ。
img130814_17.jpg


撮影機材
・カメラ:Canon EOS60D
・レンズ:シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・偏光(PL)フィルター
一部の写真は、タテにパノラマ合成をしています。
もっと広角なレンズが欲しいですね。


**********************************

おまけ
10年ほど前に行った黒部ダムの放流の様子
これと比べたらイケナイですね。
img130814_18.jpg


スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する