FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2013.11.16

京都―洛中洛外図と障壁画の美

東京・上野の国立博物館で開催されている 京都―洛中洛外図と障壁画の美 展を見てきました。
『京都の400年前の姿に注目し、都の賑わいと四季の景観を描く洛中洛外図の優品が一堂に会するほか、京都を象徴する3つの場所―京都御所、二条城、そして石庭で知られる龍安寺を飾った障壁画を通して、京都ならではの美の空間を体感できる』という展覧会です。

『全部見せます!国宝・重文指定「 洛中洛外図屏風」全7件』と言うふれ込みだったのですが
期間限定の展示だったようで、私達は全点見ることができず
テンションが一気に下がってしまいました。
どうにも後味の悪い展覧会でしたが
大政奉還の意志を諸大名に伝えた二条城の大広間の障壁画が
実際の配置と同じように展示されているのは
ちょっと感動しました。
art131116_01.jpg
会場の外は人が少なかったのですが
会場内はかなり人が多かったです。

art131116_02.jpg



art131116_03.jpg



スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する